ハングリーであれ、愚かであれ。 : スティーブ・ジョブズ最強脳は不合理に働く

書誌事項

ハングリーであれ、愚かであれ。 : スティーブ・ジョブズ最強脳は不合理に働く

竹内一正著

朝日新聞出版, 2011.7

タイトル別名

Stay hungry stay foolish

ハングリーであれ、愚かであれ : スティーブ・ジョブズ : 最強脳は不合理に働く

ハングリーであれ愚かであれ : スティーブジョブズ最強脳は不合理に働く

タイトル読み

ハングリー デ アレ オロカ デ アレ : スティーブ ジョブズ サイキョウノウ ワ フゴウリ ニ ハタラク

大学図書館所蔵 件 / 81

注記

スティーブ・ジョブズ略歴: p222-223

参考文献: p224-231

内容説明・目次

内容説明

「ハングリーであれ、愚かであれ」はジョブズがスタンフォード大でおこなった名スピーチの結びの言葉だ。それにしてもなぜ、満たされた状態でなくハングリーでなくてはいけないのか。なぜ、「賢く」ではなく「愚か」でなくてはいけないのか。本書を読み終えたときにジョブズの言葉の真意がわかるだろう。

目次

  • 1 金欲
  • 2 浮上
  • 3 失墜
  • 4 復活
  • 5 創造
  • 6 変化
  • 7 突破

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB06254250
  • ISBN
    • 9784023309647
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    231p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ