流用アート論 : 一九一二-二〇一一年

書誌事項

流用アート論 : 一九一二-二〇一一年

小田茂一著

青弓社, 2011.7

タイトル別名

流用アート論 : 一九一二-二〇一一年

流用アート論 : 1912-2011年

タイトル読み

リュウヨウ アートロン : 1912-2011ネン

大学図書館所蔵 件 / 77

内容説明・目次

内容説明

既製品を流用するレディ・メイド、印刷物の断片を流用するコラージュ。アートは複製技術の登場をきっかけにあらゆるものを流用し、次々にアート作品に置き換えてきた。現代アートの百年を「流用」という視点からレクチャーして、これからのアートの可能性に迫る。

目次

  • 「流用」によるアートの誕生
  • 「既にあるもの」と現代アート
  • 抽象表現主義とネオダダ
  • ミニマリズム
  • アート表現に置き換えられる身体行為
  • コンセプチュアル・アート(概念芸術)
  • 「場」を流用し、表現を拡張する
  • ポップ・アートの登場と展開
  • アメリカのポップ・アート
  • ゴミという素材へのこだわり
  • ポストモダニズム
  • なりきることで生まれ変わる
  • 拡張される写真の正面性
  • 流用は時間を変容させていく
  • メディアを超えて連鎖する流用
  • ライフスタイルと重なり合うアート
  • 「流用」が紡ぐ神聖からキッチュまで

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB0630479X
  • ISBN
    • 9784787273086
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    196p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ