水資源の保全と利用の法理 : 水法の基礎理論

書誌事項

水資源の保全と利用の法理 : 水法の基礎理論

宮崎淳著

成文堂, 2011.8

タイトル別名

Theory of conservation and use of water resources : a fundamental framework for water law

タイトル読み

ミズ シゲン ノ ホゼン ト リヨウ ノ ホウリ : スイホウ ノ キソ リロン

大学図書館所蔵 件 / 82

注記

著者名「宮崎」の「崎」は「山」+「竒」の置き換え

判例索引: p371-374

内容説明・目次

目次

  • 第1章 アメリカ水法における水利用の権利とその法的保護(沿岸権の起源;沿岸権と専用権の共存法理;地下水の利用に関する準則;地表水の処理に関する準則;水質汚濁に対するコモン・ロー上の法的救済の理論)
  • 第2章 わが国における水利用の権利とその分析(水利権の法的性質;慣行水利権の類型とその効力;環境のための水利用と水利使用許可制度;給水拒否の正当性をめぐる法解釈;給排水のための臨地使用権)
  • 第3章 わが国における地下水と水源の保全に関する理論(地下水の法的性質;地下水の保全と利用の法理;水源保護のための差止理論;水資源の保全と差止請求)
  • 終章 水資源の保全と利用に関する基礎理論—健全な水循環系の構築のために

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB06672126
  • ISBN
    • 9784792380663
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xiii, 374p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ