レヴィナスと愛の現象学

書誌事項

レヴィナスと愛の現象学

内田樹著

(文春文庫, [う-19-11])

文藝春秋, 2011.9

タイトル別名

Emmanuel Lévinas et la phénomenologie de L'amor

タイトル読み

レヴィナス ト アイ ノ ゲンショウガク

大学図書館所蔵 件 / 45

注記

せりか書房 (2001年12月) 刊を「文春文庫」として再刊したもの

フランス語タイトルおよび叢書番号はブックジャケットによる

引用文献略号: 巻末i-iii

内容説明・目次

内容説明

リトアニア生まれにして、ホロコースト・サヴァイヴァーであるフランス国籍のユダヤ人哲学者、エマニュエル・レヴィナス。研究者の立場からではなく、彼の「自称弟子」として、哲学史に卓絶する圧倒的なテキストをウチダが読み解く。あなたにも、難渋で知られる文章の向こうにレヴィナス先生の暖かな顔が見えてくる。

目次

  • 第1章 他者と主体
  • 第2章 非‐観想的現象学
  • 第3章 愛の現象学(家と女性;女性と主体;引き裂かれた人間)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB06737447
  • ISBN
    • 9784167801489
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    376, 3p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ