企業実務家のための実践特許法

書誌事項

企業実務家のための実践特許法

外川英明著

中央経済社, 2011.9

第5版

タイトル別名

Patent law

実践特許法 : 企業実務家のための

タイトル読み

キギョウ ジツムカ ノ タメ ノ ジッセン トッキョホウ

大学図書館所蔵 件 / 26

注記

主な参考文献: 巻頭p10

内容説明・目次

内容説明

特許の管理・戦略立案などの業務の遂行にあたり基本となる特許法の知識を、長年、企業内で知的財産の実務に携わり、さらに知的財産部員向けセミナーの講師の経験も豊富な著者が、明快に解説。実務上の判断に役立つ重要判例に可能な限り言及するとともに、ライセンス契約の保護等に関する平成23年特許法改正など最新情報を収録している。

目次

  • 第1章 知的財産権—知的財産法とは何か
  • 第2章 「発明」とは何か—ビジネスモデルや植物新品種は「発明」か?
  • 第3章 特許を受けることができない発明(消極的特許要件)—物質特許制度導入と利用関係
  • 第4章 特許となるためにはどのような要件が必要か—その発明は、新規性等の積極的特許要件を備えているか
  • 第5章 出願手続の実際—特許出願手続の流れ
  • 第6章 審判・審決取消訴訟—特許権の取得・有効性を巡る戦いはいかにあるべきか
  • 第7章 職務発明と従業員への補償—特許権は誰のものか
  • 第8章 特許権の抗力はどこまで及ぶか
  • 第9章 特許侵害訴訟
  • 第10章 知的財産を巡る国際動向—知的財産制度を巡るマルチ交渉とバイ交渉

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB06914611
  • ISBN
    • 9784502047206
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    4, 10, 399p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ