いま民事損害賠償の焦点はなにか : 過労死民事賠償と製造物責任

著者

書誌事項

いま民事損害賠償の焦点はなにか : 過労死民事賠償と製造物責任

(労災職業病民事賠償年鑑 : 労働災害の民事責任と刑事責任, 1991年版)

労災問題研究所, 1990.8

タイトル読み

イマ ミンジ ソンガイ バイショウ ノ ショウテン ワ ナニカ : カロウシ ミンジ バ イショウ ト セイゾウブツ セキニン

大学図書館所蔵 件 / 1

注記

親書誌の副書名「労働災害の民事責任と刑事責任」は1991年版に記載なし

内容説明・目次

目次

  • 第1部 論文編(じん肺判決は被災者保護に厚い?—常磐興産・日鉄鉱業じん肺事件判決批判;労働災害の刑事責任と対策—どのような経過をへて書類送検され、起訴されるのか;内縁関係の慰謝料をめぐる法律問題—民事上と労災保険ではどうちがうのか;道なき道のアトリエ—「過労死」と「ゆとり創造」からの考察)
  • 第2部 解説編(最高裁も過労死を秘密裡に検討!—労働省、平成元年度の過労死認定わずか30件;企業側の対応で提訴は阻止できる—和解を中心とした労災補償研究会の研究報告書;最高裁で長崎事件は和解か判決か—建設業トンネルじん肺は長期化になりそう;企業に高度の安全配慮義務あり!—平成2年における労災職業病関係重要民事判例;和解率80〜90%の背景は何か!—なぜ和解〈示談〉がこれだけ数多く成立するのか!;過労死関係50件は全て“外”に—平成2年度の裁決救済率はわずか3.5%;社長の違反行為ゆえに両罰規定—第一化成工業事件にみる事故発生から送検まで)
  • 第3部 文献編(特別対談 安衛法の両罰規定とは何か—労働災害の刑事責任をめぐって;労働安全衛生法と刑事責任—具体的な内容に関して日常的な問題を中心に;業務主の処罰規定等をめぐって—労働災害における使用者の刑事責任はどうなっているか)
  • 第4部 ゼミ編(じん肺をめぐる医学的諸問題;じん肺の労災補償をめぐる諸問題;労働省担当官によるじん肺をめぐる質疑応答;じん肺をめぐる民事賠償の諸問題;じん肺の法律問題をめぐる質疑応答)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB06951119
  • ISBN
    • 4947583037
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    426p
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ