メタボリズムの未来都市 Metabolism, the city of the future

著者

書誌事項

メタボリズムの未来都市 = Metabolism, the city of the future

広瀬麻美 [ほか] 編

新建築社, 2011.9

タイトル別名

メタボリズムの未来都市展 : 戦後日本・今甦る復興の夢とビジョン

Metabolism, the city of the future : dreams and visions of reconstruction in postwar and present-day Japan

タイトル読み

メタボリズム ノ ミライ トシ = Metabolism, the city of the future

大学図書館所蔵 件 / 91

注記

<BB06815438>とは出版者が異なるため別書誌とした

その他の編者: 佐々木瞳, 前田尚武, 田篭美保, 玉山雅美, 吉田侑李

展覧会カタログ

会期・会場: 2011年9月17日-2012年1月15日:森美術館 (六本木ヒルズ森タワー53階)

主催: 森美術館, UIA2011東京大会日本組織委員会, 日本経済新聞社

メタボリズム・クロニクル1945-2010: p307-311

メタボリズムをさらに深く知るための100冊: p320-321

作品リスト: p322-335

内容説明・目次

目次

  • 今日におけるメタボリズムの意義と日本の復興、そして未来について
  • 本展覧会の構成「メタボリズム連鎖」という「近代の超克」
  • 丹下健三のモダニスト都市小系譜学
  • 寒冷地居住研究と南極昭和基地 浅田孝のカプセル建築原論
  • 川添登『新建築』と伝統論争:日本的悲劇の突破口として
  • 菊竹清訓「海の上の都市」
  • 未来は突然にやってくるか?
  • 黒川紀章 マスメディア時代の建築家像
  • 槇文彦考 都市と群衆
  • 新たなる「共同体」大高正人、大谷幸夫の模索した集住のかたち〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ