グループ法人税制を経営に活かす

書誌事項

グループ法人税制を経営に活かす

多田敏夫編著

中央経済社, 2011.7

タイトル読み

グループ ホウジン ゼイセイ オ ケイエイ ニ イカス

大学図書館所蔵 件 / 2

注記

記述は第2刷(2011.9)による

参考文献: p197-198

内容説明・目次

内容説明

最も望ましいグループ経営の形態は、「純粋持株会社」「完全子会社」である。純粋持株会社は、一事業に偏らないバランスの取れた総合的なグループ経営の判断が可能である。また、子会社を完全子会社化することにより、少数株主に左右されない迅速な行動をとることが出来る。今般のグループ法人税制の創設と連結納税制度の改正により、税務面での足かせがなくなり、この形態へスムーズに進展することが可能となった。本書は、望ましいグループ経営のあり方を示唆すると共に、グループ法人税制・連結納税制度のしくみを平易に解説する。

目次

  • 第1部 持株会社とグループ経営(事業部のスタート;完全子会社 ほか)
  • 第2部 グループ経営上考慮すべき税務の課題(企業の運営形態が1つの法人か、複数の法人の企業集団か;新聞をにぎわす法人の申告漏れ ほか)
  • 第3部 グループ法人税制(グループ化の進展とグループ法人税制の導入;グループ法人税制の適用範囲 ほか)
  • 第4部 連結納税制度(連結納税制度の趣旨・背景・概要等;連結納税制度平成22年度改正について ほか)
  • 第5部 中小企業におけるグループ税制(中小企業とグループ法人税制;中小企業と連結納税—連結納税制度導入に向けた準備ステップ)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB0727642X
  • ISBN
    • 9784502043901
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, vii, 201p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ