3.11後の自衛隊 : 迷走する安全保障政策のゆくえ

書誌事項

3.11後の自衛隊 : 迷走する安全保障政策のゆくえ

半田滋著

(岩波ブックレット, No. 843)

岩波書店, 2012.7

タイトル読み

3.11 ゴ ノ ジエイタイ : メイソウ スル アンゼン ホショウ セイサク ノ ユクエ

大学図書館所蔵 件 / 217

内容説明・目次

内容説明

東日本大震災では、10万人以上の隊員が被災地支援に従事し、自衛隊の活躍が注目された。改めて国内外での災害救援活動が期待される一方、現実には、海外派遣の任務がなし崩し的に拡大されるなど、より軍事的組織への変貌が進む。知られざる活動の実態や、普天間問題をめぐる米軍の思惑などを緻密な取材で浮き彫りにし、安全保障政策のゆくえを問う。

目次

  • はじめに 3・11は転機なのか
  • 第1章 大震災とその後の自衛隊
  • 第2章 「トモダチ作戦」とは何だったのか
  • 第3章 変貌する海外派遣
  • 第4章 迷走する政治主導—解決しない普天間問題
  • おわりに 「人助け」をする自衛隊へ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ