オペラ座の怪人 : 地下にひびく、恐怖のメロディー

著者

書誌事項

オペラ座の怪人 : 地下にひびく、恐怖のメロディー

ガストン・ルルー作 ; 村松定史訳 ; ひだかなみ絵

(集英社みらい文庫, る-1-1)

集英社, 2011.12

タイトル読み

オペラザ ノ カイジン : チカ ニ ヒビク キョウフ ノ メロディー

大学図書館所蔵 件 / 2

注記

『子どものための世界文学の森 34』 (1996年刊) の加筆

内容説明・目次

内容説明

たくさんの観客でにぎわう、パリのオペラ座。しかし、華々しい舞台の裏では、出演者たちが恐怖におびえていた。—「いまのは、ぜったいゆうれいよ」—オペラ座に住みついている怪人がたびたび目撃され、奇怪な事件が起こっていたのだ。そして新人歌手・クリスチーヌにも怪人の恐怖の影が忍び寄る…。世界中が愛し続ける怪奇小説の大傑作。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB09601634
  • ISBN
    • 9784083210655
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    156p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ