がん再発を防ぐ活性化自己リンパ球療法

著者

    • 関根, 暉彬 セキネ, テルアキ

書誌事項

がん再発を防ぐ活性化自己リンパ球療法

関根暉彬著

幻冬舎メディアコンサルティング , 幻冬舎 (発売), 2010.3

タイトル読み

ガン サイハツ オ フセグ カッセイカ ジコ リンパキュウ リョウホウ

大学図書館所蔵 件 / 1

内容説明・目次

内容説明

「手術のみ」に比べ再発率が18%低下、治療実績3000例以上。免疫細胞療法の第一人者元国立がんセンター研究所室長が語る副作用が少ない治療法のすべて。

目次

  • 第1章 「手術成功」だけで安心していないか?(がんの「三大療法」と再発予防;手術の成功=がんの完治ではない ほか)
  • 第2章 がんの再発を防ぐには?(がんは「浸潤」し、「転移、再発」する腫瘍;多中心性がんと多重がん ほか)
  • 第3章 がん再発予防最前線(抗がん剤;分子標的薬 ほか)
  • 第4章 がん再発を防ぐ活性化自己リンパ球療法(免疫とは何か;獲得免疫の主役はT細胞 ほか)
  • 第5章 活性化自己リンパ球療法はこんなにも効果をあげた!(乳がん—再発リスクの高いステージ3bで、5年間再発せず元気に過ごしています;肺がん—PET検査で写っていたがん細胞の影が、1年後には消えていました ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB10379497
  • ISBN
    • 9784344997233
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    203p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ