覚悟 : 理論派新人監督は、なぜ理論を捨てたのか

Bibliographic Information

覚悟 : 理論派新人監督は、なぜ理論を捨てたのか

栗山英樹著

KKベストセラーズ, 2012.10

Other Title

Resolution

Title Transcription

カクゴ : リロンハ シンジン カントク ワ ナゼ リロン オ ステタ ノカ

Available at  / 31 libraries

Description and Table of Contents

Description

ダルビッシュ有の穴を埋めるために考えたこと。三原脩、野村克也、藤田元司…名将にあやかる。勝利を目指すために捨てる—。あの日、“栗山英樹”は死んだ。語りおろし!ルーキー監督歓喜と苦悩の備忘録。

Table of Contents

  • 序章 やりたい野球なんてない—シーズン終盤、熾烈な優勝争い
  • 第1章 最大の危機をチャンスに変える—キャンプ〜開幕。日本人No.1投手・ダルビッシュ有が抜けた穴を埋める
  • 第2章 名将にあやかる—監督・栗山英樹誕生までと、理想のチーム
  • 第3章 組織を動かすということ—人生で一番長い10日間、3月30日〜4月9日
  • 第4章 失敗は、成功への一里塚—4月10日〜7月17日、悔しい敗戦に学んだ前半戦
  • 第5章 勝利のために理論を捨てることも必要である—シーズンを通して学んだベンチの野球学
  • 第6章 いかに潮目を読むか—死闘となった後半戦、優勝争いのなかで
  • 終章 人と比べない—ファイターズの愛情と、監督への覚悟

by "BOOK database"

Details

Page Top