いま子どもがあぶない : 福島原発事故から子どもを守る「集団疎開裁判」

書誌事項

いま子どもがあぶない : 福島原発事故から子どもを守る「集団疎開裁判」

ふくしま集団疎開裁判の会編

(マイブックレット, No.22)

本の泉社, 2012.10

タイトル別名

いま子どもがあぶない : 福島原発事故から子どもを守る集団疎開裁判

タイトル読み

イマ コドモ ガ アブナイ : フクシマ ゲンパツ ジコ カラ コドモ オ マモル シュウダン ソカイ サイバン

大学図書館所蔵 件 / 19

内容説明・目次

目次

  • 第1章 「ふくしま集団疎開裁判」を起こしたわけ(放射能の四重の残酷さ;放射能の四番目の残酷さが政府・自治体・原子力ムラの欺瞞性をあばく ほか)
  • 第2章 疎開裁判の判断を決める三つの力(第一と第二の力—真実と正義;第三の力—物いわぬ多数派(サイレントマジョリティ))
  • 第3章 第一審(福島地方裁判所郡山支部)の経過と結論(私たちの主張;郡山市の反論 ほか)
  • 第4章 第二審(仙台高等裁判所)の経過—私たちの主張(35%の子どもに「のう胞」が見つかった福島県民甲状腺検査結果の問題点を指摘;被ばくによる健康被害が後の世代により強く現れる「遺伝的影響」の問題点を指摘 ほか)
  • 第5章 人々の声(当事者の声;意見書いま、福島の子どもたちに何が起きているか?—甲状腺障害、呼吸機能、骨髄機能をチェルノブイリ原発事故などの結果から考察する ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ