書誌事項

森は生きている

富山和子作 ; 大庭賢哉絵

(講談社青い鳥文庫, 76-6 . 自然と人間||シゼン ト ニンゲン)

講談社, 2012.12

新装版

タイトル読み

モリ ワ イキテ イル

大学図書館所蔵 件 / 10

注記

1981年講談社刊、1984年青い鳥文庫に収録されたものを、装丁、写真、イラストを新しくし新版とした。

内容説明・目次

内容説明

なぜ、自然はたいせつなのでしょう?日本人は、国土の3分の2をしめる森林のめぐみをうけてくらしてきました。紙、えんぴつ、つくえやいす。水も土も、みんな森林のおくりものです。森林のはたらきがわかると、なぜ自然がたいせつなのかも見えてきます。『川は生きている』『道は生きている』に続く、名作ノンフィクションの新装版。小学中級から。

目次

  • 日本は森の国です(木のくらし;木はどのようにつかわれたでしょうか ほか)
  • 山国の人たち(森林は人間がそだてました;山国の人たちは、心のやさしい人たちでした ほか)
  • 森林のはたらき(森林は風をふせいでくれました;森林は雪もふせいでくれました ほか)
  • 土こそが人間を守る(もしも山に人がいなくなってしまったら;土こそが人間を守る)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB11086417
  • ISBN
    • 9784062853224
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    173p
  • 大きさ
    18cm
  • 親書誌ID
ページトップへ