「復帰」40年の沖縄と日本 : 自立の鉱脈を掘る

書誌事項

「復帰」40年の沖縄と日本 : 自立の鉱脈を掘る

西谷修編

せりか書房, 2012.12

タイトル別名

復帰40年の沖縄と日本: 自立の鉱脈を掘る

沖縄と日本 : 「復帰」40年の : 自立の鉱脈を掘る

タイトル読み

フッキ 40ネン ノ オキナワ ト ニホン : ジリツ ノ コウミャク オ ホル

大学図書館所蔵 件 / 43

注記

文献あり

内容説明・目次

内容説明

復帰40年を経ても基地の減らない沖縄は、「本土」に対し、いまや公然と差別を語り、グローバル世界での「自立」を展望しようとしている。吉本南島論に呼応して「復帰論」に異を唱え、沖縄の自立の轍を刻んだ新川明、岡本恵徳、川満信一、高良勉らの言説に立ち戻り、いま一度「沖縄と日本」の接合と分離を問い直す。

目次

  • 「擬制の終焉」—沖縄「復帰」四〇年
  • 内的境界と自立の思想的拠点—ワンタマギルーの眉間の槍は抜かれたか?
  • 異族の論理—死者的な
  • 不服従の拠って立つ地点—沖縄「軍用地」をめぐる対立を考える
  • 「“非国‐民”の思想」の潜勢力—詩的想像力再考
  • “自立”とダイグロシアの詩学

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB11243570
  • ISBN
    • 9784796703192
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    192p
  • 大きさ
    19 cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ