二つの桶狭間の合戦 : 武田信虎と織田信長

著者

    • 武田, 健作 タケダ, ケンサク

書誌事項

二つの桶狭間の合戦 : 武田信虎と織田信長

武田健作著

叢文社, 2011.6

タイトル読み

フタツ ノ オケハザマ ノ カッセン : タケダ ノブトラ ト オダ ノブナガ

大学図書館所蔵 件 / 5

注記

参考文献: p174-177

内容説明・目次

内容説明

信長は甲斐武田信虎の戦術を模倣か?今川義元が首を奪われた場所は?義元は谷底ではなく高地にいた。傍の今川の大軍は何をしていたのか?—足で探った大真実。

目次

  • 今川義元は桶狭間山に陣を敷いていた
  • 今川義元は上洛を目指したか
  • 「桶狭間の合戦」直前の状況
  • 今川義元はどういう武将なのか
  • 「信長公記」とは
  • 今川義元は織田信長をどうみていたか
  • 信長は戦うか
  • 「桶狭間の合戦」の推移
  • 「信長公記天理本」の「桶狭間の合戦」の記述
  • 「桶狭間の合戦」の謎〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB11270948
  • ISBN
    • 9784794706928
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    185p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ