茨城の動物たち : 教師の卵フィールドにでる

著者

書誌事項

茨城の動物たち : 教師の卵フィールドにでる

久松正樹 [ほか] 編

STEP, 2012.9

タイトル読み

イバラキ ノ ドウブツ タチ : キョウシ ノ タマゴ フィールド ニ デル

大学図書館所蔵 件 / 10

注記

参考文献: p219-231

内容説明・目次

内容説明

茨城大学教育学部動物学研究室の学生たちが師とともに卒業研究で悪戦苦闘した記録。キツネ、筑波山のソウシチョウ、霞ヶ浦のヌマチチブ、涸沼のマハゼとヒヌマイトトンボ、ハナバチとヒメシロチョウなど茨城県に生息する動物たちの生態とその魅力を紹介。これから研究を始めようという中高生に読んでもらいたい一冊。

目次

  • 第1章 茨城の哺乳類
  • 第2章 茨城の鳥類
  • 第3章 茨城の両生・爬虫類
  • 第4章 茨城の魚類
  • 第5章 茨城の昆虫類
  • 教育学部で自然史を学ぶ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB11333811
  • ISBN
    • 9784915834691
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    つくば
  • ページ数/冊数
    239p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ