取方必用冠附芦わけ道 2巻

著者

    • 其流斎龜貫 キリュウサイ キカン
    • 梅州 バイシュウ

書誌事項

取方必用冠附芦わけ道 2巻

其流斎亀貫編 ; 四徳庵梅州閲

播磨屋門蔵 : 秋田屋市五郎, 天保4 [1833]

タイトル別名

冠附芦わけ道

冠附蘆わけ道

タイトル読み

トリカタ ヒツヨウ カムリズケ アシワケミチ

大学図書館所蔵 件 / 1

この図書・雑誌をさがす

注記

和漢古書につき記述対象資料毎に書誌レコード作成

標題の「取方必用」は角書

後補書き外題: 冠附芦王け道

「反古庵」の[序],「凡例」「癸巳[1833]秋 四徳葊」の跋あり

刊記: 天保四癸巳十月吉辰発販/大阪書肆/北堀江御池通三丁目/播磨屋門蔵/心斎はし通南久太郎町/秋田屋市五郎

上下巻を合冊(巻表示は版心より)

無辺無界8行

和装, 帙入

保存状態: 汚損あり

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB11695754
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    大阪
  • ページ数/冊数
    [1], 6, 65, 68, [1]丁
  • 大きさ
    10.7×15.4cm
ページトップへ