ローリング・ストーンズ解体新書

書誌事項

ローリング・ストーンズ解体新書

中山康樹著

(廣済堂新書, 028)

廣済堂出版, 2013.3

タイトル読み

ローリング ストーンズ カイタイ シンショ

大学図書館所蔵 件 / 3

注記

参考・引用資料: p263

内容説明・目次

内容説明

ミックの声が「黒すぎた」という歴史の捏造。天才ブライアン・ジョンズ最大の不運とは?ミックの恋人による、もう一つのストーンズ解体論?「ビートルズ派」「ストーンズ派」というウソ。“デビュー50周年”の2013年、3部作最後のこの本で、ストーンズの聴き方が変わる。

目次

  • 1 ローリング・ストーンズの現在地—2012年のビートルズとローリング・ストーンズの不思議
  • 2 ローリング・ストーンズとブルース—ブラック・ミュージックに対する誤読
  • 3 ローリング・ストーンズの作り方—アンドリュー・オールダムという謎
  • 4 モッズとしてのローリング・ストーンズ—ストーンズ版「ワイルド・サイドを歩け」
  • 5 ブライアン・ジョーンズの未来—天才の頭の中を読み取る
  • 6 『サタニック・マジェスティーズ』と『サージェント・ペパーズ』—ビートルズとの関係を探る
  • 7 プロデューサーとしての可能性—ミック・ジャガーとキース・リチャーズの融合と衝突
  • 8 ローリング・ストーンズと女たち(サム・ガールズ)—マリアンヌ・フェイスフルという特異な例
  • 9 ローリング・ストーンズ総論(対談:中山康樹×小浜文晶)—語り合うことで見えてくるもの

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB12354078
  • ISBN
    • 9784331517086
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    263p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ