書誌事項

不安社会を変える : 希望はつながる市民力

暉峻淑子 [ほか] 著

(希望シリーズ)

かもがわ出版, 2013.5

タイトル読み

フアン シャカイ オ カエル : キボウ ワ ツナガル シミンリョク

大学図書館所蔵 件 / 62

注記

その他の著者: 宇都宮健児, 阿部彩, 篠藤明徳

内容説明・目次

内容説明

つながることなくして人は生きられない!市民参加と連帯で貧困・格差社会を変え成熟した社会の在り方を探る。

目次

  • 第1章 人権を守る市民のつながりを(三・一一が示した警告、警鐘;サラ金問題から見えてきた貧困の実態と対策;人と人、人と社会を結ぶネットワークを;人権を守る司法の役割)
  • 第2章 現代日本の貧困と社会的包摂への道(現代日本の貧困に対する認識の変化;貧困・格差と自己責任論;貧困問題と社会的包摂;多様な個性を受け入れる社会へ)
  • 第3章 討議デモクラシーが拓く新しい社会(ドイツにみる時間と空間の豊かさ;日本における話し合う「場」の貧困;フクシマから見えた日本の近代文明;プラーヌンクスツェレの理念と実際;討議民主主義は社会的関係の貧困解決の一手段)
  • 対談を終えて 不安を共有する社会へ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ