ドラゴン・テール : 核の安全神話とアメリカの大衆文化

書誌事項

ドラゴン・テール : 核の安全神話とアメリカの大衆文化

ロバート・A・ジェイコブズ著 ; 新田準訳

凱風社, 2013.4

タイトル別名

The dragon's tail : Americans face the atomic age

ドラゴンテール : 核の安全神話とアメリカの大衆文化

タイトル読み

ドラゴン テール : カク ノ アンゼン シンワ ト アメリカ ノ タイシュウ ブンカ

大学図書館所蔵 件 / 70

注記

監訳: 高橋博子

原著 (University of Massachusetts Press, c2010) の邦訳

内容説明・目次

内容説明

物理学者のリチャード・ファインマンは、核の臨界量の試験を「ドラゴンの尻尾をくすぐる」と表現した。「神の火」を獲得し「神秘的宇宙の入り口」立ったアメリカはその後、世代を重ねて核とどう向き合ったのか—核実験、民間防衛教育、サブカルチャーから読み解いたアメリカの素顔。

目次

  • 序章 原爆の核心にまつわる物語
  • 第1章 放射能に汚染された風景を熟知する主役たち
  • 第2章 死の灰の物語
  • 第3章 核への接近と核の忌避—社会科学者と核兵器
  • 第4章 個人と国家のサバイバル
  • 第5章 いい爆弾・悪い爆弾
  • 第6章 アトミック・キッド—子どもvs原子爆弾
  • 終章 魔術世界と世俗の人びと

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ