書誌事項

降圧療法の実践

土橋卓也, 大屋祐輔, 苅尾七臣編著

(臨床高血圧ワークブック : エビデンスを超えた次の一手 / 土橋卓也, 大屋祐輔, 苅尾七臣編, 第4巻)

医薬ジャーナル社, 2013.6

タイトル読み

コウアツ リョウホウ ノ ジッセン

大学図書館所蔵 件 / 28

注記

文献あり

内容説明・目次

内容説明

第一選択薬から、効果不十分な場合の併用療法、治療抵抗性高血圧への対処、腎交感神経デナベーションの展望まで、高血圧個別診療の実践に向けた英知とノウハウを結集。

目次

  • 1 適切な第一選択薬はどれか?(第一選択薬の考え方と降圧治療の手順—オーバービュー;Ca拮抗薬:第一選択薬としての意義とCa拮抗薬間の特徴 ほか)
  • 2 第一選択薬(Ca拮抗薬・ARB)で低下しない場合、次のステップは?(ARB単剤で降圧しない場合、次の併用はCa拮抗薬か利尿薬か?;Ca拮抗薬単剤で降圧しない場合、増量か併用か?併用は何がベストか? ほか)
  • 3 ゴールドスタンダード3剤併用療法で低下しない場合に考えること(治療抵抗性高血圧の診断と病態、治療方針;治療抵抗性高血圧の治療—アルドステロン拮抗薬 ほか)
  • 4 ひと工夫した降圧薬の使い方(時間降圧療法—夜間投与の有用性;β遮断薬—ビソプロロールとカルベジロールの使い分け ほか)
  • トピックス(アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬(LCZ696)臨床開発の最新情報;デバイス治療:頚動脈洞圧受容器刺激)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB12755749
  • ISBN
    • 9784753226153
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    179p
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ