リヴィア : あるいは生きながら埋められて

書誌事項

リヴィア : あるいは生きながら埋められて

ロレンス・ダレル著 ; 藤井光訳

(アヴィニョン五重奏 / ロレンス・ダレル著 ; 藤井光訳, 2)

河出書房新社, 2013.5

タイトル別名

Livia or buried alive

タイトル読み

リヴィア : アルイワ イキナガラ ウメラレテ

大学図書館所蔵 件 / 24

内容説明・目次

内容説明

物語は、老齢の作家ブランフォードが長年の友人コンスタンスの死を知らされる場面で幕を開ける。彼は、コンスタンスとその妹リヴィアに出会った青春の日々に思いを馳せ、アヴィニョン近郊で過ごした夏の、淡く苦い思い出をたどる。一つの戦争が終わったあとに、あまりに早く次の戦争が迫りつつある、あの夏のプロヴァンス—リヴィアとはいったい誰だったのか?名著『アレクサンドリア四重奏』につづく壮大な物語の迷宮、第2巻。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB12870215
  • ISBN
    • 9784309623122
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    304p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ