モンゴル帝国史研究正篇 : 中央ユーラシア遊牧諸政権の国家構造

書誌事項

モンゴル帝国史研究正篇 : 中央ユーラシア遊牧諸政権の国家構造

志茂碩敏著

東京大学出版会, 2013.6

タイトル別名

The political structure of the Mongol Empire

モンゴル帝国史研究 : 正篇

タイトル読み

モンゴル テイコクシ ケンキュウ セイヘン : チュウオウ ユーラシア ユウボク ショセイケン ノ コッカ コウゾウ

大学図書館所蔵 件 / 105

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

内容説明・目次

内容説明

モンゴル帝国史研究上の二つの決定的に重要なペルシア語史書、ガザン・カンの『モンゴル史』とオルジェイト・カンの『集史』「モンゴル史」を統轄的に検証し直し、「モンゴル系譜集」の記事をも全面的に参照して十九世紀以来のモンゴル帝国史研究の根本的な重大な誤りを徹底的に糺し、遊牧部族軍連合国家モンゴル帝国存立の根幹、即ち、モンゴル帝国の基本的な国家構造を具体的に明らかにすると共に、一連の考察を通して、従来の中央ユーラシア遊牧国家史研究を根底から構築し直す。

目次

  • 糺すべき根本的な誤り
  • 第1部 『モンゴル史』と『集史』「モンゴル史」(1(イスタンブル)写本とT(テヘラン)写本;I写本を基準とするT写本以下の諸写本の変化;I写本における不整合等のT写本における調整 ほか)
  • 第2部 モンゴル帝国遊牧諸部族の「御家人」達(チンギス家譜代の家人の家系の諸部族;チンギス・カンの先祖の時代以来の諸部族;敵対者のもとから早期に来降した諸部族 ほか)
  • 第3部 中央ユーラシア遊牧国家史研究上の究極の課題(従来の諸研究の根本的な誤り;現在に至るまでの研究状況と問題点;中央ユーラシアの遊牧国家とその継承国家の再検証)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ