インターネット・クレーマー対策の法理と実務 : 判例分析を踏まえて

書誌事項

インターネット・クレーマー対策の法理と実務 : 判例分析を踏まえて

升田純著

民事法研究会, 2013.6

タイトル別名

インターネットクレーマー対策の法理と実務 : 判例分析を踏まえて

インターネット・クレーマー : 対策の法理と実務

タイトル読み

インターネット クレーマー タイサク ノ ホウリ ト ジツム : ハンレイ ブンセキ オ フマエテ

大学図書館所蔵 件 / 31

この図書・雑誌をさがす

注記

参考文献一覧: p306-308

内容説明・目次

内容説明

「ネットリンチ」、「SNS炎上」、「電凸」、「本人特定」…、変化の激しいインターネット・クレーマー被害の根底を究明するとともに、法的救済を理論・実務の視点から分析・解説!

目次

  • 第1章 インターネット・トラブルの概要と裁判の実効性(インターネットの普及とトラブルの増大;インターネット上の権利侵害の背景事情)
  • 第2章 インターネット・トラブルをめぐる判例と被害救済の実情(侵害情報による被害の防止、救済の対策;侵害類型にみる判例)
  • 第3章 法的な責任を追及された場合の対応(はじめに;法的責任を追求された場合の対応)
  • 終章 インターネットを安全・安心して利用するために(インターネット社会を生きるということ)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ