超能力の科学 : 念力、予知、テレパシーの真実

書誌事項

超能力の科学 : 念力、予知、テレパシーの真実

ブライアン・クレッグ著 ; 和田美樹訳

エクスナレッジ, 2013.7

タイトル別名

Extra sensory : the science and pseudoscience of telepathy and other powers of the mind

超能力の科学 : 念力予知テレパシーの真実

タイトル読み

チョウノウリョク ノ カガク : ネンリキ、ヨチ、テレパシー ノ シンジツ

大学図書館所蔵 件 / 10

内容説明・目次

内容説明

謎に包まれた人間の超常的な能力に挑む!「意志の力で物体を動かす」「過去や未来の出来事を見通す」「しゃべらずに情報を伝える」…これらは本当に可能なのか?気鋭のサイエンスライターがさまざまな実験結果や主張を検証し、「超能力」の真実に迫る刺激に満ちた1冊。

目次

  • 第1章 パワーを科学する—スーパーヒーローと物理学
  • 第2章 超心理学—ヒツジとヤギを分ける
  • 第3章 私の声が聞こえるか
  • 第4章 動いた!
  • 第5章 未来予知
  • 第6章 遠隔透視
  • 第7章 ラインの実験室にて
  • 第8章 超能力の軍事利用
  • 第9章 PEARの地道な実験
  • 第10章 スプーンを曲げる
  • 第11章 そこに何があるのか

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB13067377
  • ISBN
    • 9784767816210
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    285p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ