書誌事項

声の狩人

開高健著

(光文社文庫, . 開高健ルポルタージュ選集||カイコウ タケシ ルポルタージュ センシュウ)

光文社, 2008.1

初版

タイトル読み

コエ ノ カリュウド

大学図書館所蔵 件 / 1

内容説明・目次

内容説明

一九六〇年代初め、大国は覇を競い東西冷戦構造を色濃くしていった。世界の火薬庫と化したイスラエル、六〇〇万人に及ぶユダヤ人を抹殺したアイヒマンに対する裁判、パリでのOAS(米州機構)反対デモと弾圧する権力の衝突、核実験を行ったソビエト…。現場を訪れ、筆者が目のあたりにした「世界情勢」を鋭く描き出したルポ。サルトルとのインタビューも収録。

目次

  • 一族再会
  • 裁きは終りぬ
  • 誇りと偏見
  • ソヴェトその日その日
  • ベルリン、東から西へ
  • 声の狩人
  • 核兵器 人間 文学(田中良)
  • サルトルとの四〇分

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB13150845
  • ISBN
    • 9784334743710
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    240p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ