保守の本分

著者

    • noiehoie

書誌事項

保守の本分

noiehoie著

(扶桑社新書, 145)

扶桑社, 2013.9

タイトル読み

ホシュ ノ ホンブン

大学図書館所蔵 件 / 24

注記

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

先鋭化する排外デモ、生活保護バッシング。「ネット右翼(ネトウヨ)」のみならず、社会全体が右傾化する中、サラリーマンでありながら自らを「保守主義者」であり「右翼」と称し、アクティビストであり続け、ネットで無双を繰り広げる男、noiehoie。支持者もアンチも膨大な謎の男による、初の単著が登場!

目次

  • 第1章 保守が排外主義者を叩き潰さねばならない理由
  • 第2章 右翼と保守主義
  • 第3章 生活保護バッシングは議会制民主主義の否定である
  • 第4章 「右翼」だからこそ反原発
  • 第5章 保守主義者としての「歴史認識」
  • 第6章 「左翼」はなぜ嫌われ、「右傾化」が進んだのか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB1333001X
  • ISBN
    • 9784594068776
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    175p
  • 大きさ
    18cm
  • 親書誌ID
ページトップへ