魂の還る処 : 常世考 : 死んだらどこに行くのか

書誌事項

魂の還る処 : 常世考 : 死んだらどこに行くのか

谷川健一著

(やまかわうみ, 別冊)

アーツアンドクラフツ, 2013.7

タイトル別名

魂の還る処 : 常世考

魂の還る処

常世論

日本人の魂のゆくえ

タイトル読み

タマシイ ノ カエル トコロ : トコヨコウ : シンダラ ドコ ニ イク ノカ

大学図書館所蔵 件 / 16

注記

「常世論」(講談社 1989年刊)と「日本人の魂のゆくえ」(冨山房インターナショナル 2012年刊)の改題、加筆・修正

収録内容

  • 魂の還る処
  • 東方浄土と常闇の夜

内容説明・目次

内容説明

死んだら、渚からのぞむ西の海の彼方、妣の国へ…。谷川民俗学の源流であり大きな柱でもある「常世論」は、日本人の心の奥にある、古代より無意識に伝わってきた死後の世界への憧れ=常世を論じ、日本人がどこから来たのかを暗示する。たび重なる災禍に見舞われた私たちの、魂のゆくえを探る書。

目次

  • 魂の還る処—常世考(妣の国への係恋;常世—日本人の認識の祖型;海彼の原郷—補陀落渡海;常世はどこにあるのか;明るい冥府)
  • 東方浄土と常闇の夜—柳田國男と折口信夫の“常世”(柳田の東方浄土観;他界からの来訪神マレビト;「まれびと論」の破綻)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB13506331
  • ISBN
    • 9784901592871
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    165p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ