書誌事項

出星前夜

飯嶋和一著

(小学館文庫, [い25-6])

小学館, 2013.2

タイトル読み

シュッセイ ゼンヤ

大学図書館所蔵 件 / 8

注記

2008年8月刊の文庫化

解説(星野博美): p708-714

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

寛永十四年、突如として島原を襲った傷寒禍(伝染病)が一帯の小児らの命を次々に奪い始めた。有家村の庄屋・鬼塚甚右衛門は旧知の医師・外崎恵舟を長崎から呼ぶが、代官所はあろうことかこの医師を追放。これに抗議して少年ら数十名が村外れの教会堂跡に集結した。折しも代官所で火事が発生し、代官所はこれを彼らの仕業と決めつけ討伐に向かうが、逆に少年らの銃撃に遭って九人が死亡、四人が重傷を負う。松倉家入封以来二十年、無抵抗をつらぬいてきた旧キリシタンの土地で起こった、それは初めての武装蜂起だった…。第35回大佛次郎賞受賞の歴史超大作。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB13756598
  • ISBN
    • 9784094087963
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    714p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ