スティーブ・ジョブズ1995ロスト・インタビュー

著者

    • 「スティーブ・ジョブズ1995」Movie Project スティーブ ジョブズ 1995 Movie Project

書誌事項

スティーブ・ジョブズ1995ロスト・インタビュー

スティーブ・ジョブズ [述] ; 「スティーブ・ジョブズ1995」Movie Project編

講談社, 2013.9

タイトル別名

Steve Jobs1995 : the lost interview

スティーブジョブズ1995ロストインタビュー

タイトル読み

スティーブ ジョブズ 1995 ロスト インタビュー

大学図書館所蔵 件 / 48

注記

本タイトルは奥付による

1995年に収録され、2011年に再構成されたスティーブ・ジョブズ 氏のインタビューを翻訳・編集したもの

英語併記

内容説明・目次

内容説明

あの幻のインタビューが蘇る—アップルを追放されてNeXTのCEOを務めていたジョブズは、1995年、あるTV局のインタビューに応じた。貴重な映像のはずだったが、オンエアではわずか数分しか使われることはなかった。そして、そのテープは紛失し、どこにあるかわからなくなってしまった。そのため人は、それを「ロスト・インタビュー」と呼ぶようになった。ところが2011年、ジョブズが亡くなってからまもなく、テープは発見される。なぜアップル社を去ることになったのか/マイクロソフト社についてどう考えているか/あなたが開発しているテクノロジーによって、10年後はどんな世界ができているか…。このインタビューが行われた2年後、ジョブズはアップルに復帰、さらにその4年後にiPodが発売された。つまりこの時、ジョブズは「充電中」で、この時期があったからこそ、飛躍できたともいえるだろう。「ロスト・インタビュー」の中には成功のためのヒントが詰まっている。

目次

  • 第1部(人生を変えた「12歳の夏休み」;「やってみればいいさ」;21歳で気づいたビジネス常識のウソ;コンピュータが教えてくれること;その時、未来が見えた;なぜ一度成功した企業は失敗するか;IBM、アップルが勘違いする瞬間;日本の自動車工場を訪ねて;何がすばらしい製品を作り出すのか;優秀な人を使う方法;未来を予見して;アップルを去った理由;「マイクロソフトは日本人のようだ」;可能性はソフトウェアにある;10年後のコンピュータはこうなる;これこそ人類最大の発明)
  • 第2部 英語(日本語訳付き)巻末から

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB13780559
  • ISBN
    • 9784062186261
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpneng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    93,143p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ