書誌事項

親鸞と東国

今井雅晴著

(人をあるく)

吉川弘文館, 2013.11

タイトル読み

シンラン ト トウゴク

大学図書館所蔵 件 / 111

注記

参考文献: p140-141

親鸞略年表: p142-143

内容説明・目次

内容説明

恵信尼らを伴い、常陸を拠点に布教を行った浄土真宗の開祖親鸞。関東で支持を拡大し、日本最大の宗派を築いた活動の実態を、息子善鸞義絶の真相にも触れ描く。東国各地に残る親鸞の足跡を巡って、新しい人物像に迫る。

目次

  • 1 親鸞の履歴書(苦悩の青年時代;東国移住と教化;帰郷と信仰のその後;人物相関)
  • 2 親鸞の教え(念仏;往生;親鸞の苦悩;東国から何を学んだか ほか)
  • 3 親鸞ゆかりの寺と伝説を歩く(稲田・西念寺;笠間・光照寺;鳥栖・無量寿寺;大部・真仏寺 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB13911001
  • ISBN
    • 9784642067713
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    143p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ