書誌事項

労働法と現代法の理論 : 西谷敏先生古稀記念論集

根本到 [ほか] 編

日本評論社, 2013.11

タイトル別名

労働法と現代法の理論 : 西谷敏先生古稀記念論集

タイトル読み

ロウドウ ホウ ト ゲンダイ ホウ ノ リロン : ニシタニ サトシ センセイ コキ キネン ロンシュウ

大学図書館所蔵 件 / 121

注記

その他の編者: 奥田香子, 緒方桂子, 米津孝司

西谷敏先生略歴: 下:p503-504

西谷敏先生著作目録: 下:p505-535

参考文献あり

収録内容

  • 上: 労働契約における労働者の「意思」と「規制」 / 吉村良一著
  • 雇用保障をめぐる法的課題 : 「身分差別的」労働者概念批判 / 脇田滋著
  • これからの生活保障と労働法学の課題 : 生活保障法の提唱 / 島田陽一著
  • 労働法の実現手法に関する覚書 / 山川隆一著
  • 労働権の再検討と労働法システム / 三井正信著
  • 労働条件決定法理の再構成 : 労働協約・就業規則・労働契約の意義と機能 / 川口美貴著
  • 半失業と労働法 : 「雇用と失業の二分法」をめぐる試論 / 矢野昌浩著
  • 取引的不法行為と自己決定権 / 吉田克己著
  • 良心について : 憲法19条をめぐる考察 / 笹倉秀夫著
  • 死刑と裁判員制度 / 中村浩爾著
  • 公務員に対する職務命令の法的性質 / 晴山一穂著
  • 労働者性の指標 : 労務の代替性について・試論 / 萬井隆令著
  • 採用過程の法規制と契約締結上の信義則 / 小宮文人著
  • 労働条件の不利益変更と労働者の同意 : 労働契約法8条・9条の解釈 / 土田道夫著
  • 労契法9条の反対解釈・再論 / 唐津博著
  • 有期労働契約法理における基本概念考 : 更新・雇止め・雇用継続の合理的期待 / 荒木尚志著
  • 労働契約における対等性の条件 : 私的自治と労働者保護 / 大内伸哉著
  • ワークハラスメント (WH) の法的規制 / 大和田敢太著
  • 女性の労働と非正規労働法制 / 緒方桂子著
  • 整理解雇法理の論点 / 深谷信夫著
  • 労働者の非違行為等の事例に関する普通解雇規制の再検討 / 細谷越史著
  • 再建型倒産手続と解雇権濫用法理 / 根本到著
  • 下: 労働法における集団的な視角 / 道幸哲也著
  • 労働組合の未来と法的枠組み / 和田肇著
  • 労働協約の規範的効力と一般的拘束力 / 浜村彰著
  • 団体交渉は組合員の労働契約のためにあるのか? : 団体交渉の基盤と射程に関する理論的考察 / 水町勇一郎著
  • ILO条約と公務における団体交渉 / 清水敏著
  • 法学と法実務 : 比較法史学的考察 / 水林彪著
  • ナチス法研究覚書 / 広渡清吾著
  • マイノリティ (少数民族) の権利をめぐる国内裁判と人権条約 / 桐山孝信著
  • 子どもの自己決定権に関する一考察 : ドイツの割礼事件をめぐって / 西谷祐子著
  • ドイツ連邦労働裁判所における基本権の第三者効力論の展開 / 倉田原志著
  • イギリスにおける雇用関係の「契約化」と雇用契約の起源 / 石田眞著
  • イギリス2010年平等法における賃金の性平等原則 / 浅倉むつ子著
  • 雇用調整方式とその法的対応 : フランスの「破棄確認」および「約定による解約」ルール / 野田進著
  • フランスの合意解約制度 : 紛争予防メカニズムの模索 / 奥田香子著
  • アメリカにおける法学の政治的性格 : 「法と経済学」と「批判法学」 : テレス著『保守派法運動の台頭』の紹介を通して / 相澤美智子著
  • タイにおける非正規労働者の法的保護 / 吉田美喜夫著
  • ロシアにおける派遣労働と法 / 武井寛著
  • ドイツ集団的労働法理論の変容 / 名古道功著
  • ドイツにおける大学教員の業績給 / 藤内和公著
  • 「使われなかった」年休、そして「ゆとり社会」の行方 : ドイツ国内法とEU指令との相克 / 丸山亜子著
  • ドイツ労働契約法理における法的思考 / 米津孝司著

内容説明・目次

巻冊次

上 ISBN 9784535518520

目次

  • 第1部 総論・現代法(労働契約における労働者の「意思」と「規制」;雇用保障をめぐる法的課題—「身分差別的」労働者概念批判;これからの生活保障と労働法学の課題—生活保障法の提唱;労働法の実現手法に関する覚書 ほか)
  • 第2部 労働法と個人(労働者性の指標:労務の代替性について・試論;採用過程の法規制と契約締結上の信義則;労働条件の不利益変更と労働者の同意—労働契約法8条・9条の解釈;労契法9条の反対解釈・再論 ほか)
巻冊次

下 ISBN 9784535518537

目次

  • 第3部 労働法と集団(労働法における集団的な視角;労働組合の未来と法的枠組み;労働協約の規範的効力と一般的拘束力;団体交渉は組合員の労働契約のためにあるのか?—団体交渉の基盤と射程に関する理論的考察 ほか)
  • 第4部 比較法・外国労働法(法学と法実務—比較法史学的考察;ナチス法研究覚書;マイノリティ(少数民族)の権利をめぐる国内裁判と人権条約;子どもの自己決定権に関する一考察—ドイツの割礼事件をめぐって ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB13936192
  • ISBN
    • 9784535518520
    • 9784535518537
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ