現場から問うマスコミ倫理

書誌事項

現場から問うマスコミ倫理

阪井宏著

(報道の正義、社会の正義 / 阪井宏著, [part1])

花伝社 , 共栄書房 (発売), 2013.12

タイトル読み

ゲンバ カラ トウ マスコミ リンリ

大学図書館所蔵 件 / 94

注記

主な資料・参考文献: p265-268

内容説明・目次

内容説明

取材ヘリはなぜ救助しないのか?警察に腕章を貸すことは何が問題か?取材で盗聴・盗撮はどこまで許されるのか?原発事故で記者が真っ先に逃げてよいのか?“知る権利”をささえる報道の倫理社会常識とのズレはどこから?

目次

  • 第1部 社会の良識と報道の常識(人命救助か報道か;なぜ警察に協力しないのか;盗聴・盗撮は許されるか;危険な取材に向かう時;原発事故をどう報じたか)
  • 第2部 現実に切り込む視点(ニュースとは何だろう;タブーの源はどこにある;冤罪はなぜ生まれるのか;命の倫理が問うもの;ネット時代の報道の行方は)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ