美しい日本のゴルフコース : ゴルフは日本の新しい伝統文化である : 日本のゴルフ110年記念

著者

    • ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会 ゴルフ ダイジェストシャ ウツクシイ ニホン ノ ゴルフ コース ヘンサン イインカイ

書誌事項

美しい日本のゴルフコース : ゴルフは日本の新しい伝統文化である : 日本のゴルフ110年記念

ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編

ゴルフダイジェスト社, 2013.12

タイトル別名

美しい日本のゴルフコース : 日本のゴルフ110年記念

Beautiful golf culture in Japan

美しい日本のゴルフコース : ゴルフは日本の新しい伝統文化である : 日本のゴルフ110年記念

タイトル読み

ウツクシイ ニホン ノ ゴルフ コース : ゴルフ ワ ニホン ノ アタラシイ デントウ ブンカ デ アル : ニホン ノ ゴルフ 110ネン キネン

大学図書館所蔵 件 / 9

注記

週刊ゴルフダイジェスト誌に2005年4/12号から2013年1/1号まで掲載された「ゴルフの歴史を歩こう」をまとめたもの

内容説明・目次

内容説明

神戸居留の英国人アーサー・H・グルームが1903年、六甲山頂に18ホールのゴルフ場を開場させてから110年。日本のゴルフの発展を、コースの歴史から辿ってみた。

目次

  • 第1章 ゴルフ草創期から終戦まで(明治36年〜昭和20年)(神戸ゴルフ倶楽部;雲仙ゴルフ場 ほか)
  • 第2章 戦後からカナダカップ優勝まで(昭和21年〜昭和32年)(京都ゴルフ倶楽部上賀茂コース;ゴールド川奈カントリークラブ ほか)
  • 第3章 第一次ゴルフブーム到来(昭和33年〜昭和39年)(高知ゴルフ倶楽部正蓮寺コース;札幌ゴルフ倶楽部輪厚コース ほか)
  • 第4章 世界第2位の経済大国へ(昭和40年〜昭和46年)(洲本ゴルフ倶楽部;千刈カンツリー倶楽部 ほか)
  • 第5章 列島改造ブームで建設ラッシュ始まる(昭和47年〜昭和49年)(大村湾カントリー倶楽部オールドコース;朽木ゴルフ倶楽部 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ