書誌事項

純粋法学

ハンス・ケルゼン [著] ; 長尾龍一訳

岩波書店, 2014.3

第2版

タイトル別名

Reine Rechtslehre

タイトル読み

ジュンスイ ホウガク

大学図書館所蔵 件 / 148

注記

原著第2版 (1960) にもとづく邦訳

内容説明・目次

内容説明

20世紀の法哲学に最も大きな影響を及ぼしたハンス・ケルゼン。彼が自らの法理論上の立場を体系的に説いた『純粋法学』こそ、ケルゼン最重要の書である。アメリカ移住後の1960年に刊行された第二版を、ケルゼン研究の第一人者の手により新訳、ここに刊行する。

目次

  • 第1章 法と自然
  • 第2章 法と道徳
  • 第3章 法と科学
  • 第4章 法の静学
  • 第5章 法の動学
  • 第6章 法と国家
  • 第7章 国家と国際法
  • 第8章 法の解釈

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB15119110
  • ISBN
    • 9784000259507
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xxiv, 349, 29p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ