エロマンガ・スタディーズ : 「快楽装置」としての漫画入門

書誌事項

エロマンガ・スタディーズ : 「快楽装置」としての漫画入門

永山薫著

(ちくま文庫, [な-46-1])

筑摩書房, 2014.4

増補

タイトル別名

エロマンガスタディーズ : 快楽装置としての漫画入門

タイトル読み

エロ マンガ・スタディーズ : 「カイラク ソウチ」トシテノ マンガ ニュウモン

大学図書館所蔵 件 / 41

注記

2006年11月にイースト・プレスより刊行された単行本に増補、加筆を行ったもの

主要参考文献: p359-362

シリーズ番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

日本を代表する文化“マンガ”の裏面にあって、決して日の目を見ることのないエロマンガ。「性的」であることを唯一のルールとして、世間の良識を逸脱した創造力と欲望が数多くの名作・怪作を生み出し、一般のマンガにも多大な影響を与えている。いつの時代も嫌悪と蔑視の対象であった“不可視の王国”に真正面から取り組んだ唯一無二の漫画評論、増補決定版。

目次

  • 第1部 エロマンガ全史(漫画と劇画の遺伝子プール;三流劇画の盛衰、または美少女系エロ漫画前夜祭;美少女系エロ漫画の登場)
  • 第2部 愛と性のさまざまなカタチ(ロリコン漫画;巨乳漫画;妹系と近親相姦;凌辱と調教;愛をめぐる物語;SMと性的マイノリティ;ジェンダーの混乱;浸透と拡散とその後)
  • 文庫版増補(二一世紀のエロマンガ)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ