原子力発電と地域政策 : 「国策への協力」と「自治の実践」の展開

書誌事項

原子力発電と地域政策 : 「国策への協力」と「自治の実践」の展開

井上武史著

(シリーズ原子力発電と地域, 第1巻)

晃洋書房, 2014.3

タイトル別名

原子力発電と地域政策 : 国策への協力と自治の実践の展開

タイトル読み

ゲンシリョク ハツデン ト チイキ セイサク : 「コクサク エノ キョウリョク」 ト 「ジチ ノ ジッセン」 ノ テンカイ

大学図書館所蔵 件 / 73

注記

参考文献: p239-243

内容説明・目次

内容説明

原子力発電所の立地によって知域は「依存」ではなく「自治の実践」を進めていった。東日本大震災後の新たなエネルギー政策にも「自治の実践」の視点が重要である。本書では、これまで見過ごされてきた立地地域の本当の姿を明らかにする。

目次

  • 序章 原子力発電と地域の関係をあらためて問う
  • 第1章 原子力平和利用と地域政策の胎動
  • 第2章 高度経済成長期における地域開発と原子力発電所の誘致
  • 第3章 原子力発電所の立地と増設による地域経済と地方財政の変化
  • 第4章 原子力安全規制における「自治の実践」
  • 第5章 原子力産業政策における「自治の実践」(1)—アトムポリス構想
  • 第6章 原子力発電所の立地と製造業
  • 第7章 原子力産業政策における「自治の実践」(2)—エネルギー研究開発拠点化計画
  • 第8章 地方自治の岐路と原子力政策における「自治の実践」の展望
  • 第9章 原子力政策における「自治の実践」がエネルギー政策の課題に与える示唆

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ