「ひきこもり」救出マニュアル

書誌事項

「ひきこもり」救出マニュアル

斎藤環著

(ちくま文庫, [さ-29-5]-[さ-29-6])

筑摩書房, 2014.5-2014.6

  • 理論編
  • 実践編

タイトル別名

ひきこもり救出マニュアル

タイトル読み

「ヒキコモリ」 キュウシュツ マニュアル

大学図書館所蔵 件 / 73

注記

理論編: 「『ひきこもり』救出マニュアル」 (PHP研究所 2002年7月) の前半部分

実践編: 「『ひきこもり』救出マニュアル」 (PHP研究所 2002年7月) の後半部分

「社会的ひきこもり」を知るための参考文献: 実践編p289-290

シリーズ番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

巻冊次

理論編 ISBN 9784480431677

内容説明

「ひきこもり」治療に詳しい著者が、具体的な事例をもとに、Q&A方式で、ひきこもりから抜け出す手だてを示している。「この本の情報さえあれば、専門家抜きでもひきこもりから抜け出すことが可能になる、というくらいの実用性を持たせたい」と宣言しているだけあり、数多くの事例を診ている著者のアドバイスはじつに的確で、すぐに実行できることがたくさんある。「ひきこもり」で悩むすべての関係者に贈る明日への処方箋・理論編。

目次

  • 1 「ひきこもり」は一二〇万人
  • 2 なぜひきこもるのか
  • 3 不登校は「ひきこもり」の前兆か
  • 4 治療を受ける目安とは
  • 5 治療者の選び方
  • 6 「ひきこもり」の治療とは
  • 7 他の病気も視野に入れて
  • 8 治療にあたっての親の覚悟
  • 9 はじめは親の通院から
巻冊次

実践編 ISBN 9784480431684

内容説明

精神科医である著者が、Q&A方式で「ひきこもり」から抜け出す手だてを示している。「親への恨みつらみばかりを言う」「自殺したいと言う」「家庭内暴力にどう対応するか」「一生面倒を見てくれと言われた」「ひきこもりにインターネットは有効か」など具体的な疑問に、すべて真摯に答えた。精神保健福祉センター一覧、参考文献、著者自身による新たな「補足と解説」を附す。理論編に続く、実践編。

目次

  • 1 コミュニケーションのとり方
  • 2 家庭内暴力をなくす方法はある
  • 3 生活上のトラブルの解決法
  • 4 父親・母親・きょうだいの対応の仕方
  • 5 心配な行動にどう対処するか
  • 6 経済的にどう支えるか
  • 7 独り暮らしをさせるべきか
  • 8 インターネットは必需品
  • 9 社会参加は焦らずに
  • 10 元気になりたい
  • 11 社会的サポート

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB15509658
  • ISBN
    • 9784480431677
    • 9784480431684
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ