不法行為法における割合的責任の法理 Theorie der Proportionalhaftung im Deliktsrecht

書誌事項

不法行為法における割合的責任の法理 = Theorie der Proportionalhaftung im Deliktsrecht

石橋秀起著

(立命館大学法学叢書, 第18号)

法律文化社, 2014.5

タイトル別名

不法行為法における割合的責任の法理

タイトル読み

フホウ コウイ ホウ ニオケル ワリアイテキ セキニン ノ ホウリ

大学図書館所蔵 件 / 79

内容説明・目次

目次

  • 第1部 割合的責任の基礎理論(公平による割合的減責の妥当性;ドイツにおける割合的責任論の今日の展開)
  • 第2部 割合的責任の判断構造(医療過誤における割合的責任;営造物・工作物責任における自然力競合による割合的減責;公害・環境訴訟における割合的責任;交通事故における素因減責;交通事故と医療過誤の競合;被害者の自殺)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ