風景の無意識 : C.D.フリードリッヒ論

書誌事項

風景の無意識 : C.D.フリードリッヒ論

小林敏明著

作品社, 2014.5

タイトル別名

風景の無意識 : CDフリードリッヒ論

タイトル読み

フウケイ ノ ムイシキ : C.D.フリードリッヒ ロン

大学図書館所蔵 件 / 98

注記

参考文献: p319-327

内容説明・目次

内容説明

フロイトとハイデッガーに共通する核心。不安、死への志向、隠された本来性、命名し難いエス。時代を超えて継承されるドイツ・ロマン主義の精神。フリードリッヒの絵画を介して鮮やかに解き明かすドイツ近代思想の展開。

目次

  • 序章 フロイトとハイデッガーをめぐる疑問
  • 第1章 風景の発見
  • 第2章 産出する自然
  • 第3章 光と色彩のアレゴリー
  • 第4章 崇高の美学
  • 第5章 無意識を紡ぎ出す自我
  • 第6章 発掘される民族と彷徨する郷愁
  • 終章 再びフロイトとハイデッガーへ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ