戯作・誕生殺人事件

書誌事項

戯作・誕生殺人事件

辻真先著

東京創元社, 2013.9

タイトル別名

戯作誕生殺人事件

タイトル読み

ギサク ・ タンジョウ サツジン ジケン

大学図書館所蔵 件 / 2

内容説明・目次

内容説明

青山から北関東のとある町へ移住した牧薩次(ポテト)とキリコ(スーパー)夫婦。亡き義父の願いから高齢出産を決意したキリコは、地元の女子中学生・美祢に住み込みで手伝いをしてもらうことにする。やがて臨月間近の秋祭のさなか、キリコに謎の原稿が手渡される。助産師の息子の書いたミステリ作品らしい。それが、キリコたちに新たな事件をもたらすことになろうとは—。大きなお腹をかかえて難事件に挑むキリコと薩次、そしておなじみのキャストで贈る、シリーズ最終巻。「犯人は読者だ!」の衝撃作『仮題・中学殺人事件』から40年を経て、ついに迎えるフィナーレ!

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB15992241
  • ISBN
    • 9784488027230
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    310p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
ページトップへ