自動車を変えた言葉 : クルマとともに疾走する徳大寺有恒半生の記録

書誌事項

自動車を変えた言葉 : クルマとともに疾走する徳大寺有恒半生の記録

徳大寺有恒著

河出書房新社, 2014.6

タイトル読み

ジドウシャ オ カエタ コトバ : クルマ ト トモニ シッソウ スル トクダイジ アリツネ ハンセイ ノ キロク

大学図書館所蔵 件 / 7

注記

解説: 沼田亨 (奥付には編者とあり)

参考資料: 巻末

内容説明・目次

内容説明

「自動車ってのは所有も維持も使用も自由だからこそ魅力的な商品なんだ」…巨大な自動車の世界に影響を与え続けた、これほど強靱な言葉たちが他にあっただろうか!?

目次

  • 第1章 自動車評論の構え—私は自動車評論家である以前に、自動車愛好家である。
  • 第2章 欧米車の先進と愉悦—ベントリィに乗っていると「憧憬」と「諦観」とが複雑に交錯する。
  • 第3章 愛しき日本のクルマ—トヨタは「自家用車ユーザー」を予見し、クラウンをつくったのである。
  • 第4章 クルマを変えた、間違いだらけのクルマ選び—クルマを作るのは技術ではない。思想なのだ。
  • 第5章 クルマと女性と友情と…—クルマの運転がうまいなどというのも、教養の最たるものだろう。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB1619290X
  • ISBN
    • 9784309246635
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    220p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ