書誌事項

関わることのリスク : 間主観性の臨床

クリス・ジェニキー著 ; 小野田暁子, 志村優子, 住山眞由美訳

誠信書房, 2014.8

タイトル別名

The risk of relatedness : intersubjectivity theory in clinical practice

Das Risko der Verbundenheit-Intersubjektivitatstheorie in der Praxis

Das Risiko der Verbundenheit-Intersubjektivitatstheorie in der Praxis

タイトル読み

カカワル コト ノ リスク : カンシュカンセイ ノ リンショウ

大学図書館所蔵 件 / 97

注記

原著ドイツ語「Das Risiko der Verbundenheit-Intersubjektivitatstheorie in der Praxis」の英訳本からの重訳

標題紙裏のドイツ語原タイトル (誤植): Das Risko der Verbundenheit-Intersubjecktivitatstheorie in der Praxis

監訳: 丸田俊彦

翻訳監修: 森さち子

文献: p[210]-215

内容説明・目次

内容説明

精神分析における「客観的な治療」「中立的な立場」の限界を明らかにし、豊かな臨床実践に基づき、より高度な治療者‐クライアント関係を構築する理論を解説したクリス・ジェニキー渾身の書。全ては自分の弱さを見つめる所から始まる。

目次

  • 第1章 精神分析の神話(“隔離された心”という神話;中立性という神話 ほか)
  • 第2章 共感的‐内省的探究—中立性に代わる間主観的なもの(精神分析の暗黙の価値観に対するコフートの批判;パーソナルな意味と客観的「真実」 ほか)
  • 第3章 情動—精神分析におけるパラダイムシフト(いったい誰がこの仕事を私に選ばせたのか?;フロイトの情動理論:心理的発見とメタサイコロジー博物館 ほか)
  • 第4章 トラウマ(薄い覆い;「普通の人々」と「心的外傷を受けた人々」 ほか)
  • 第5章 転移(臨床例;退行としての転移 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB16448140
  • ISBN
    • 9784414414585
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xii, 225p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ