書誌事項

犬は何を見たのか

マルコム・グラッドウェル著 ; 勝間和代訳

(マルコム・グラッドウェルThe New Yorker傑作選)

講談社, 2014.2

タイトル別名

What the dog saw and other adventures

タイトル読み

イヌ ワ ナニ オ ミタノカ

大学図書館所蔵 件 / 8

内容説明・目次

内容説明

「?」を「!」に変える男、マルコム・グラッドウェル。「TVショッピング」「巨大事故」「採用面接」…独特の視点とユニークな枠組みで、世の出来事や現象をスパッと切る。『THE NEW YORKER』掲載の珠玉記事19本を一挙収録。

目次

  • 第1部 マイナー世界の天才たち—偏執狂か先駆者か(TVショッピングの王様—アメリカのキッチンを征服した男;ケチャップの謎—マスタードは数十種類以上、なのにケチャップは、なぜ同じ味?;ブローイング・アップ(吹っ飛び)の経済学—ナシーム・タレブが壊滅的損失の不可避性を投資戦略に転換させるまで ほか)
  • 第2部 セオリーと現実がズレる理由—理論と予測と判断と(オープンな秘密—エンロン、インテリジェンス、そして情報過剰の危険性;100万ドルのマレー—ホームレスのような問題は、対処するよりも解決するほうが簡単かもしれない理由;画像をめぐる問題点—乳がん撮影と空軍力、「見る」という行為の限界 ほか)
  • 第3部 “第1感”は正しいか—個性も知性も直感次第?(遅咲きの花—天才=早咲きの花か?;成功しそうな人間—「誰がこの仕事に向いているのか」わからないときの雇い方;危険な心—犯罪プロファイリングは容易につくられる ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ