表見法理の帰責構造

書誌事項

表見法理の帰責構造

中舎寛樹著

日本評論社, 2014.10

タイトル読み

ヒョウケン ホウリ ノ キセキ コウゾウ

大学図書館所蔵 件 / 78

内容説明・目次

目次

  • 序章 問題の所在と本書の課題(問題の所在;帰責性に関する従来の研究とその問題点)
  • 第1章 民法九四条二項の帰責構造(民法九四条二項の帰責根拠;民法九四条二項の類推適用)
  • 第2章 民法四七八条の帰責構造(民法四七八条の帰責根拠;民法四七八条の類推適用;預金取引の二重構造)
  • 第3章 表見代理の帰責構造(表見代理の帰責根拠;表見代理規定の類推適用)
  • 第4章 表見法理の帰責構造と他人による行為(表見法理の帰責構造の多様性と共通性;他人による行為と表見法理)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB16616267
  • ISBN
    • 9784535520141
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xviii, 614p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ