書誌事項

カタストロフィと人文学

西山雄二編 ; ミシェル・ドゥギー [ほか著]

勁草書房, 2014.9

タイトル別名

Catastrophe and humanities

タイトル読み

カタストロフィ ト ジンブンガク

大学図書館所蔵 件 / 87

注記

奥付の責任表示: 西山雄二編著

その他の著者: ジャン=リュック・ナンシー, ジゼル・ベルクマン, 野元弘幸, 左古輝人, 綾部真雄, 高桑史子, 荒木典子, 山本潤, 赤塚若樹, 大杉重男, 寺本成彦, 寺本弘子

文献: 章末

収録内容

  • カタストロフィと人文学 / 西山雄二著
  • マグニチュード / ミシェル・ドゥギー著 ; 寺本成彦, 西山雄二訳
  • 「フクシマ」という名を通じて思考すること / ジャン=リュック・ナンシー述 ; 西山雄二訳
  • 日本の東北地方における思考の動揺 / ジゼル・ベルクマン著 ; 寺本弘子, 西山雄二訳
  • カタストロフィから総動員体制へ : 「国土強靭化」路線のゆくえと教育 / 野元弘幸著
  • 世界恐慌の経済倫理 / 左古輝人著
  • 中空のスティグマ : ある先住民とその災禍の乗り越え方 / 綾部真雄著
  • スリランカにおける二つのカタストロフィと向き合う : 内戦と津波の経験から / 高桑史子著
  • 中国における災異の記録 / 荒木典子著
  • 破滅の神話 : 近代以降の『ニーベルンゲンの歌』受容とドイツ史 / 山本潤著
  • カタストロフィのイマジネーション : 様式、遊戯、距離 / 赤塚若樹著
  • カタストロフィの後に書くことについて / 大杉重男著

内容説明・目次

内容説明

人間の身体的、社会的、物質的脆弱さを浮き彫りにするカタストロフィ。破局的現実を前にして、人文学になにができるだろうか。

目次

  • カタストロフィと人文学
  • 1 カタストロフィをめぐるフランスとの対話(マグニチュード;日本の東北地方における思考の動揺)
  • 2 カタストロフィと社会(カタストロフィから総動員体制へ—「国土強靱化」路線の行方と教育;世界恐慌の経済倫理)
  • 3 カタストロフィの人類学(中空のスティグマ—ある先住民とその災禍の乗り越え方;スリランカにおける二つのカタストロフィと向き合う—内戦と津波の経験から)
  • 4 カタストロフィの比較文化 中国とドイツ(中国における災異の記録;破滅の神話—近代以降の『ニーベルンゲンの歌』受容とドイツ史)
  • 5 カタストロフィの表象(カタストロフィのイマジネーション—様式、遊戯、距離;カタストロフィの後に書くことについて)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB16676440
  • ISBN
    • 9784326102372
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ix, 301, ivp
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ