一日一食 : 40歳を過ぎたら、食べなくていい

書誌事項

一日一食 : 40歳を過ぎたら、食べなくていい

石原結實著

ビジネス社, 2013.2

タイトル別名

One meal a day

タイトル読み

イチニチ イッショク : 40サイ オ スギタラ タベナクテ イイ

大学図書館所蔵 件 / 3

注記

「40歳から年をとらない生き方」(2006年刊)の改題、加筆修正

内容説明・目次

内容説明

「小食」こそが「長寿」の必要条件!摂取カロリーを減らすと、寿命が30〜70%も延びる!健康はもちろん美容にも抜群の効果!—「食べない」コツを教えます。

目次

  • 第1章 「食を少なくする」ことが、長生きする一番の秘訣(「少食」こそが「長寿」の必要条件をすべて満たしている;少食にすると、なぜ若さを保ち、長生きできるのか ほか)
  • 第2章 40歳を過ぎたら「一日一食」でもかまわない(私の少食生活;だれでも簡単にできる少食生活 ほか)
  • 第3章 筋力を鍛えれば「寝たきり」にはならない(“老化”とはそもそもどういうことか;人は血管とともに老いる ほか)
  • 第4章 老化(エイジング)でおこる症状・病気を防ぐことが、真の“アンチエイジング”(まずは老化の諸症状を知ることから;外見の若さを保つ)
  • 第5章 センテナリアン(百寿者)たちから学んだ生活習慣(「心のもち方」と若さ;百歳長寿者たちの生活習慣こそアンチエイジングの見本 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB16714233
  • ISBN
    • 9784828416977
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    206p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
ページトップへ