書誌事項

トリュフォー最後のインタビュー

フランソワ・トリュフォー [述] ; 山田宏一, 蓮實重彦著

平凡社, 2014.10

タイトル別名

トリュフォー : 最後のインタビュー

タイトル読み

トリュフォー サイゴ ノ インタビュー

大学図書館所蔵 件 / 95

注記

フランソワ・トリュフォー略年譜と作品: p556-569

内容説明・目次

内容説明

映画はいかにしてつくられるか?多彩なエピソードをまじえつつ、その理論と実践をふたりの映画狂の質問に答えて、トリュフォーがいっきょに語りつくす!最良の聞き手によって生まれた、世界にも類のない圧巻のインタビュー集、ついに刊行。トリュフォーによる全作品解説入り。

目次

  • トリュフォーそして映画—最初の語らい(一九七九年)
  • トリュフォー最後のインタビュー(一九八二‐八三年)(『ある訪問』;撮影ジャック・リヴェット、編集アラン・レネ;「労働と文化」の頃;ジュネかバザンか;『あこがれ』;週刊文芸紙「アール」の時代;ピエール・ブロンベルジェというプロデューサー;ベルナデット・ラフォンのデビュー;ジェラール・ブランはジェームズ・ディーン気取りだった;『勝手にしやがれ』のオリジナル・シナリオ ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ