闇があるから光がある : 新時代を拓く小林多喜二

著者

書誌事項

闇があるから光がある : 新時代を拓く小林多喜二

荻野富士夫編著 ; ノーマ・フィールド [ほか] 執筆

学習の友社, 2014.11

タイトル読み

ヤミ ガ アル カラ ヒカリ ガ アル : シンジダイ オ ヒラク コバヤシ タキジ

大学図書館所蔵 件 / 32

注記

その他の執筆者: 石川康宏, 島村輝, 北村隆志, 尾西康允, 大地巌

内容説明・目次

内容説明

「光」を求めて歩み続ける多喜二の生き方が危機的・閉塞的状況克服への希望を提示する。多喜二の視点を通じた現状分析、新たな作品解釈、創作劇…熱気に包まれた「多喜二祭」記録集。

目次

  • ただいま、零時五分前です—世界終末時計と小林多喜二
  • 小林多喜二の時代と“美しい国”
  • 「組曲虐殺」から考える治安維持法と現代—小林多喜二と井上ひさしを結ぶもの
  • 世界文学と小林多喜二
  • 移民と棄民の相貌—小林多喜二と石川達三
  • 『蟹工船』から見えてくるもの—「帝国軍隊‐財閥‐国際関係‐労働者」という一本の糸
  • 構成劇 爺ちゃんは昔戦争に行った

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB16967410
  • ISBN
    • 9784761706944
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    212p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ